高品質な保育の実践のための保育計画と保育実践

認可保育園と同等の保育計画に基づき、高品質の保育を提供しています。

●五領域の視点に立った「保育計画」と「保育実践」

保育室内にはテレビを設置せず、保育士による手遊び・歌遊び・製作活動を通した創造性を育む保育を実践しています。 また、ひとりひとりの個性に応じた「保育計画」に基づいた保育を実践しています。

リトミックプログラム導入

リトミックでは主に音楽を聞いて身体を動かしたり、表現を楽しんだりする活動が取り入れられています。

リトミックの良いところ

①完成や運動能力などの発達を促すとともに、情緒の安定にも役立ちます。

​②音楽から感じたことを表現する活動の仲家から注意力や集中力、社会性、協調性なども育む効果があります。

019-03_edited.png
アートボード 1.png

体操プログラム導入

幼児は様々な遊びを中心に毎日60分以上、身体を動かすことが大切と言われています。運動機能が著しいスピードで発達するこの時期に体操プログラムを導入することで、子ども達の健やかな身体と心の成長をサポートできると考えております。

体操教室の良いところ

①身体をコントロールする力を養うことができます。

​②瞬発力や柔軟性などの身体能力を高めることができます。

​③運動の楽しさを知ることができます。

019-03_edited.png
アートボード 1 のコピー.png

英語あそび導入